【必見!】AGEHaのおすすめ設定【私の実践している設定です】

よくある質問

 

自動売買システムAGEHa(アゲハ)のおすすめ設定についてまとめています。

✔ AGEHaは設定をカスタムできると聞いたけど、どこをどう変えればいいの?
✔ 安全なEAの運用方法が知りたいです。

こんな疑問にお応えします。

あなたがこの記事では、私のおすすめするアゲハのカスタム設定を公開しています。

私が2年間アゲハを運用してわかった特徴や、サポートに寄せられる問い合わせをもとに、極力安全な運用方法を試してきました。失敗も含めて、ここですべて書いています。

※注意※本記事で紹介するおすすめの設定が、実践した方の運用利益を保証するものではありません^^

安全に運用できている一例として、参考にされて下さい。

【必見!】AGEHa向け管理人のおすすめ設定

必見!おすすめ設定

大前提ですが、FX口座の有効証拠金は多ければ多いほど安全です。

資金をたくさん用意できる場合:
証拠金を1000万円ほど用意する

これができれば設定も何もいりません。

リーマンショックやコロナショックのような乱高下にもほぼほぼ耐えることができます。

特にアゲハはFXジャイアンツでの運用になるため、有効証拠金が多ければ多いほど◯

理由は、FX口座の有効証拠金が増えてもレバレッジ制限がないからです。

【評判・口コミ】FXジャイアンツの特徴【良いか悪いかはっきり言います】
FXジャイアンツの特徴:〇FCA(英国金融行為監督機構)ライセンス、〇レバレッジ、▲スプレッド、▲入金ボーナス、〇口コミ、〇日本語サポート、〇VPS無料レンタル、〇FX会社都合の出金拒否がない、〇NDD方式採用、〇ゼロカットシステムあり。詳しく説明します。

FX Giantsの場合は、1000万円入れてもレバレッジ1000倍です。資金が用意できる方にはとても魅力的ですね。

海外FX会社だと有効証拠金の金額によって、レバレッジ制限をかけている会社もあります。

///
例:XM Trading
日本でも人気の海外FX会社です。最大レバレッジは888倍ですが、有効証拠金200万円をこえると、レバレッジは200倍にさがります。資金を多く用意しても、レバレッジが下がればロスカットの敷居が一気にあがります。

///

ちなみに、

なんで安全運用のための資金が1000万円必要か、、、ざっくり説明すると、AGEHaが最大ポジション持った状態で、ドル円が10円を乱高下してもロスカットされないからです。

最近だと、こんな局所的な変動があります。
・2020年3月 コロナショック 112.2円→101.3円
・2019年1月 フラッシュクラッシュ 108.8円→104.7円

そんなときでもロスカットされることなく耐えるために、口座にあるといい資金が、ざっくり1000万円です。

ただ、FXのために1000万円用意できる方はそんなに多くないと思います。私も1000万円ありません。

AGEHa(アゲハ)のおすすめ設定

ここからは現実的な資金量に対する私のおすすめ設定をご紹介します。

結論を先に書いておきますね。

///

 ◆管理人のおすすめ設定 

・運用通貨を絞る:ドル円Longだけ
 (またはユーロドルShortだけでもOK)

・ナンピン回数を変更:MAX7ナンピン
 (最大ポジション8とする)

///

それ以外のパラメータは変更しません。

ちなみに、この設定で自動売買を運用した時の運用実績は、LINEで共有しています。

LINEに登録!「アゲハ運用実績」とメッセージください!

おすすめ設定の基準となる考え方は、簡単なシュミレーションを添えつつ次の項で説明します。

第一に資金を飛ばさないことを考える

FXトレーダーが一番気をつける事
=市場から退場しない事

私は、ここを軸により安全なEA運用方法を考えます。本記事で紹介するおすすめ設定も、この考え方を基準に組み立てています。(大きく稼ぐが基準ではないので注意!!)

資金を飛ばして、市場から退場しないためには、

どこで資金を飛ばすか?(ロスカットされるか?)

を知ることが必要です。

FX会社の仕様とアゲハのシステムルールに沿って、ロスカットになる状況をシュミレーションします。

あなたがロスカットされる状況(デフォルト設定)

ロスカットになる状況をシュミレーションするために条件を統一します。

◆FXジャイアンツの口座ルール

・レバレッジ:1000倍 
→1枚(1.0)ポジションを持った時の証拠金が11,000円~12,000円

・強制ロスカット:証拠金維持率20%以下
→証拠金維持率=余剰証拠金 ÷ 証拠金

◆アゲハの設定

・通貨:ドル円ロングのみ

・デフォルト設定:10回のナンピンマーチン
(最大11ポジション)

///

口座資金量とロスカットの関係はこちらになります。

◆証拠金が10万円の場合・・・
120pips(1.2円)の下落でロスカット

◆証拠金が40万円の場合・・・
180pips(1.8円)の下落でロスカット

◆証拠金が100万円の場合・・・
230pips(2.3円)の下落でロスカット

◆証拠金が200万円の場合・・・
330pips(3.3円)の下落でロスカット

///

デフォルトの設定で運用した場合、資金を200万円持っていても、ドル円が3円下がっただけでロスカットされる計算です。

ちょっと驚きですよね。3円の下落なんて1年に何回かはありますよ^^

そう、デフォルト設定というのは、1年に2-3回はロスカットされる設定ということになります。

「詐欺だー!!」

そう思う方は、ここでシステムの運用を辞めるべきです。

「リスクを取る」というのはそういう事です。自動売買は機械なので、勝つときは決まった勝ち方をするし、負ける時は決まった負け方をします。良くも悪くも機械です。

まずこのことを受け止めて、把握しましょう。

あなたがロスカットされる状況(おすすめ設定)

次におすすめ設定の条件についてシュミレーションします。

 ◆管理人のおすすめ設定 

・運用通貨:ドル円Longのみ

・ナンピン回数:MAX7ナンピン
 (最大ポジション8)

それ以外のパラメータは変更しません。

///

資金とロスカットの関係はこちらになります。

◆証拠金が10万円の場合・・・
150pips(1.5円)の下落でロスカット

◆証拠金が40万円の場合・・・
350pips(3.5円)の下落でロスカット

◆証拠金が100万円の場合・・・
800pips(8.0円)の下落でロスカット

◆証拠金が200万円の場合・・・
1000pips(10円)以上の下落もロスカットされない。

///

資金が10万円だと150pipsの下落でロスカットです。さすがに厳しいですね…

でも、資金が50~100万円のレンジだとだいぶ耐えますね。8円の下落はそうそうある物ではありません。

シュミレーションの計算式は簡単に組めると思います。エクセル得意な方は、サクッと組み立ててみてご自身でシュミレーションしてみてください。

一応、私がシュミレーションに使っている計算シートは LINE 内で共有しています。

・ナンピン回数:6回の時
・資金30, 50, 75万円の時
などなど。

試したい条件でロスカットの目安を図ることができます。

気になる方はメッセージください。

LINEに登録!「計算シート希望」とメッセージください!

こんなところで、以上になります。

アゲハはいくつものパラメーターがカスタム可能で、魅力的な自動売買システムです。

とはいえ、色々と変え過ぎてもわけわからなくなるのでほどほどに。

今回の内容も、あくまで私の運用例です。ご参考までという感じです。

では。

FXの資産運用スタートをサポート
FXを使った資産運用のパッケージ・AGEHa(アゲハ)の販売を開始しました。初期費用12万円でFXの資産運用スタートをサポートします。質問し放題のLINEサポート付きで、月3~5万円、年間では40~60万円の副収入を目指します。これか...

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました